FC2ブログ
CALENDAR
07月 « 2019年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アーカイヴ
カテゴリー
日々の更新だょ

園田さんと

園田さんと←(※画像はクリックすると拡大できます)
園田さん宅に寄ってきました。
歌ってきた 春は来ぬ。

歌うこと数曲。

園田さんのマイウェイは深いなぁ。
僕には歌えない。

受け取りました。

| 戦争 | |

平和祈念堂まで移動

平和祈念堂←(※画像はクリックすると拡大できます)

ひめゆり、「別れの曲(うた)」

昭和19年、沖縄師範学校女子部と一高女の生徒たちは、陣地構築作業のため各作業場へ動員され、那覇市与儀の作業場でも 大田 博少尉の指揮のもと、作業に従事していた。
※この歌の作詞者
昭和20年、日ごろから詩や短歌をたしなんでいた太田少尉は、3月の卒業式を控えた生徒たちへ、巣立つ喜びと別れのの淋しさを歌った「相思樹の詩」という自作の詩を贈った。その詩に曲をつけて「別れの曲(うた)」となり、25日の卒業式で歌うために練習していた。しかし3月23日に戦場へ動員されたため、29日の夜、艦砲の轟くなか沖縄陸軍病院の三角兵舎で卒業式が行われた。その時、「別れの曲」に変わって軍歌「海行かば」が歌われた。
それから、戦後毎年行われるひめゆりの慰霊祭では、校歌とともに歌い継がれている。なお、ひめゆり平和祈念資料館の第四展示室では、沖縄戦で亡くなった乙女たちへの鎮魂歌として静かに流れている
※流れていた。。。

作詞の太田少尉は、福島県郡山市出身。旧制郡山商業を卒業した後、昭和19年8月に第24師団第2中隊指揮小隊長として沖縄に転属された青年将校であったが、昭和20年6月糸満市伊原で戦死した。

作曲の東風平(こちんだ)先生は、上野音楽学校(東京芸術大学)を卒業後、沖縄師範学校女子部に赴任。昭和20年3月、ひめゆり学徒隊引率教師として沖縄陸軍病院に動員、6月19日第三外科壕(ひめゆりの塔)で23才の若さで亡くなった。


・・・

別れの曲。歌ってみる。

| 戦争 | |

ひめゆり平和祈念資料館

ひめゆり←(※画像はクリックすると拡大できます)

入口。
この横には「ひめゆりの塔」があるのだが、なんかお気楽に写真を撮る気には、このときはなれなかった。
その横には壕があり、地獄の底まで続いていそうな深い穴が口を開けている。

中に入ると順路にしたがい歴史を学ぶ。被弾した学生たちの遺品などが残っており
炎で焼けたそれを見ると言葉が出なかった。
防空壕のブロックで出会ったひめゆり隊にいた語り部のおばあさんと話した。

以前テレビでひめゆりの特集を見たときにひめゆりの歌を聴いた。
おばあさんに、
「私はシベリア抑留兵の歌とさとうきび畑をうたっているのだけれどさとうきび畑を見たことなかったから来ました。テレビで聴いたひめゆりの歌を聴きたいのだけれど」と、自分が歌手であることを告げると
「差し上げますから交換しましょう」と持ってきてくれた。

実は自分のCDを一枚だけ持ってきていた。

あぁ、このために持ってきたのだなと思った。

自分のCDを寄贈し、交換で ひめゆり の本とCDを頂いた。

CDには沖縄師範学校女子部・沖縄県立第一高等女学校 校歌 と 別れの曲(うた) の2曲が収められている。





| 戦争 | |

最近のこと

証言記録 兵士たちの戦争 「朝鮮人皇軍兵士 遥かなる祖国」
228連隊。証言記録 兵士たちの戦争 ガダルカナル島 最後の舞台 繰り返された失敗。連敗の始まり・・・

「引き裂かれた歳月~証言記録 シベリア抑留」これが今自分が歌っている世界なのかと 想像を絶する世界に言葉がない

証言記録 市民たちの戦争 漁師は戦場に消えた~静岡県 焼津港~自決: 

ハイビジョン特集 少女たちの日記帳 ヒロシマ

・・・毎日見ている番組はこれだけではないけれど、毎年NHKでやってきたこと。
先日は戦争体験者が若者と対談。「なぜ戦争について勉強しようと思わないんだ」と言っていた。
なぜだろう。

リアリティがないのだ。若者には。

でもそうしようと思った時でよいと思う。

自分のことと言えばもっと歌でできることがある。

次に伝えることができる知識を勉強してこの熱意を失わないように。

たとえば 満州陥落後、関東軍朝鮮兵のこと。

今も韓国語は勉強しているが、やはり韓国にも行ってみようと思う。

今まで何回か行ったし、小学生の時に38度線には行ったことがあるけれど。

違う気持でもう一度。

するとソ連 ロシアにも行かねばならないな。






| 戦争 | |

さとうきび風景

さとうきび畑←(※画像はクリックすると拡大できます)

この歌も大切に歌っていこうと思う。那覇空港についてレンタカーで南下。糸満市へ。
南部戦跡を訪ねようと、、、。いきなり「ひめゆりの塔」に着いてしまった。
早朝のフライトだった。空腹でひめゆりの塔の隣のレストランでソーキソバを食べて沖縄を実感。

さとうきび畑はこの地区のあちこちにあるんだ。恩納村にもたくさんあったけれど。
| 戦争 | |

さとうきび畑に行ってきた。

南部のさとうきび←(※画像はクリックすると拡大できます)

背丈ほどもあるさとうきび。7月末についに沖縄に行ってきました。
「さとうきび畑」を作った寺島尚彦さんの家族の話などによると、
●「さとうきび畑」を作ったのは67年5月。沖縄戦で戦死した人への思慕を込めたという。  その3年前に初めて訪れた沖縄県南部の戦跡で、案内してくれた人から「あなたの足元に今も遺骨が埋もれている」と聞かされ胸を突かれた。さとうきびが風に触れる音を、1年半かかって「ざわわ」と表現した。(asahi.com)

実際に行ってみると腰ほどの高さならざわわとは言わないと思うけれど
この写真より大きく育ったものもあり、
広大なさとうきび畑では「ざわわ」と聞こえた気がした。
| 戦争 | |

長崎原爆投下から65年

広島は6日、長崎は9日、
一瞬で多くの人が命を落としたこと。
現実を受け止めつつ どのように伝えていこうか考える。
亡くなった方々のご冥福をお祈りいたします。

毎日NHKの番組で「市民の証言」を放映しています。
シベリア、広島、長崎、沖縄 東京大空襲。それ以外にも、すべての地区の人々も
それぞれの戦争があったはずです。
考えさせられる番組です。

| 戦争 | |
 
PROFILE
onryu111
Author: onryu111