CALENDAR
05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アーカイヴ
カテゴリー
日々の更新だょ
| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ更新。想いから。

おはようございます。今は11月3日早朝。

今日は「いきいき女声三部合唱団半年コース」発表演奏会が都内の津田ホールにて行われます。
何を歌うかソリストのプログラムは直前までのお楽しみ、なのですが。

特に今年は「いきいき女声三部合唱団1年コース〜コーロ・アニマート」の発表演奏会
が都内の第一生命ホールで開催され、ヴェルディとワーグナーの生誕200年ということで
特別気合いを入れてやってきました。

自分自身の挑戦でもあって、そのとき出来る全力を後で自分で考えてみることによって
その時の自分の背丈がわかると思うので、
オーケストラを入れてのオペラ曲というものに割と触れてこなかった自分としては
本当に「挑戦」でした。

指揮者の木村くんにお願いをして素晴らしいオーケストラ。
去年のフォーレと比べ、グランドオペラ規模のワーグナー、ヴェルディを
演奏するオーケストラは圧巻ですし、
素晴らしいソプラノの赤池さん、フォーレだけのプログラムにはオルガニストには浅井さんに。
他素晴らしいエキストラの演奏者に加わって頂き、
アマチュアだけれども自分が一から一年かけて練習してきた60人の女声合唱団に
全員国立音楽大学卒業の男声合唱7人にお願いをして、
プログラムも目一杯
やりたい放題やってしまいました。

そして個人的にもオーケストラと歌う機会というのはわくわくしますし
今回のワーグナー「ワルキューレ」の「冬の嵐…」は
ジークムント、つまりテノールのアリアで、
さらに赤池さんほどの方が椿姫のアリアを歌う影歌でアルフレード(これもまたテノール)
を歌う、というのは緊張もさることながら、やはり自分への挑戦でした。

自分はバリトンですがワーグナーはドラマティックなテノールのアリアを歌いたいですし、
ヴェルディでは音域の難しさが加わりますが、
キャラクター、声質にあったものを歌いたいです。
1311031.jpg
(ソプラノ赤池 優さんとデュエット乾杯の歌)

今回の演奏に全力を傾け、自分の中では成功だったし、演奏会の流れ、としても
自分の歌にしても成功でした。ワーグナーは本当に気持ちよかったし
アルフレードも好調だった。
歌う意欲が前向きに変わったということは事実です。

詳しくはまたファンクラブ会報などで書ければいいなと思います。

今月は仕事という意味で本当に忙しく、
今日、そして5日はスペシャルクローズドバースデーイベント。

11月1日、おとといは僕の誕生日でした。
歌、音楽に関して心機一転、と、強い希望を抱いていますし
時間を取ってしっかりライフスタイルを考えるのは大切だと思いました。

この一年もまた応援よろしくお願い致します。


 
PROFILE
onryu111
Author: onryu111
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。