CALENDAR
09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アーカイヴ
カテゴリー
日々の更新だょ
| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東銀座、歌舞伎座の向かいに岩手館あるからね!(今日のフォーレ合唱反省点)


タンカク牛のレトルトカレー2種類買ったょ☆
ついでに岩手県情報もGET。暖かくなったらまた行くょー!

●今日は「いきいき女声合唱団」練習日でした。

今日はついに終曲以外、全て通した事が素晴らしいです。
3月30日に演奏する6.「リベラメ」
とにかくp.50のtremensが入る所が正確な音程で入らなければ後から修正はできない。
コラール部分(p.51下)正確な動きでなければバラバラに聴こえるので
音程は良くなってきたので、発音のタイミングを合わせること。いまの段階では発音をそれぞれ
自分勝手に発音しているため沢山の言葉が聞こえる。
中間部分も音はだいぶ取れてきているし、迫力が大切なので
早く暗譜したい。せっかくのフォルテなのに言葉を飲んでしまうから遅れて聴こえる。
p.56の練習番号G の ソプラノ音程、下がらないように直すこと。「e----is」
細かいことはともかく、次回、ユニゾンの「リベラメ」以降を完全暗譜でやります。

1.冒頭のrequiemの音程。絶対これだけは頭に入れてください。
※全曲を通してソプラノが一番ずりあげて歌ってしまうので水平に発声する。
とくにソプラノソロ  Te decet hymnus...

p.12の練習番号H Ky-ri-はピアノで、アルトが加わりすぐに全力でle--i-sonをフォルテ、しかしsubito P
すぐに弱く。
そして一拍分の大きなブレスでフォルテシモでChriste
守るべきは「大きなブレス」を合わせること。

p.13下段からはもう完全暗譜で指揮者を見ること。厳密には指揮者と客席の奥を見る曖昧さ。

2.難曲と脅し続けたOffertoire
おかげで、それぞれがかなり歌い込んだ、聞き込んだ状態で始めることが出来、
かなり良い出来。
そうするとやはり発音の悪さが歌を下手にしてしまう。
とくに子音の多い単語、「Christe」「Rex」などを前打音として理解する。
4つ振りにするとして、テンポが遅い曲なので、四分音符の長さを正確に。(早く子音を言わないように)

p.21からはアルトが半分の人数で歌わなければいけないのだが、そのせいで
全体の音量を小さくしなければバランスが悪いという事になる。
よりお腹に力を入れて支えて歌うことが重要。
とくにソプラノは人数も多いので暴走しないように水平に発音することを心がけて、
発音の寸前にお腹に力を入れて声がひっくりかえらないように練習する。
最後のA-menはどこを歌っているのかわからなくなったような拍感のない歌に聴こえたので
たてにリズムを8刻みで練習すること。

3.「Sanctus」は支えのないソプラノのフラフラが目立つので、
まずは母音を押し直す、を忘れないで。
追いかけっこのほとんどが語尾が~~~s と、エスが付くので
子音の発音タイミングが大切(飛び出さないように)
P.27のソプラノ下段、De---eee--us の上がり直すときは意識して高く。
この楽曲中一番大きなフォルテシモ、P.31のHosannaは音程を水平にお腹で支えて!

5.アニュスディ のP.39からはかなり良くなってきました。
低すぎる音程にも関わらず声部同士の距離感がよくわかる美しさが保たれています。

P.40のメゾソプラノの上は、練習番号Cのシ~ラははっきり出してください。

P.41の3段目 アルトはrequiem の emをちゃんと3拍延ばしてソプラノにバトンタッチすること。
途中で切れない。

P.45は今日の練習の通り。始まる音程を何度もCDで練習してきてください。



4.
 
PROFILE
onryu111
Author: onryu111
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。