FC2ブログ
CALENDAR
07月 « 2011年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アーカイヴ
カテゴリー
日々の更新だょ
| ホーム |

箱崎地区の様子

東中(※)Ryuこんさとスケジュール

すぐ横は海です。
この学校を丸々飲み込む高さで津波が来ました。。。

元々津波の来る可能性のある地区では津波避難所、という建物がある事を
4月に来たときに初めて知ったわけですが、(静岡県でも学校単位での避難訓練があるとか)
今回の津波はその予想をはるかに超えたため
避難所ごと飲まれたケースが多くあり、多くの人が犠牲になりました。

釜石東中学校、小学校。

ここでは地震後、中学生が小学生を連れて高台に避難したので全員無事でした。
、学校に来てた生徒は。

この日たまたま学校を休んだ生徒はここまでの津波と予想できずか、
亡くなってしまったそうです。
おばあちゃんを助けに、と家に戻った子もいるそうです。

ここはもはや廃材置き場になってしまい、
いまだぐちゃぐちゃです。

東中2(※)

学校は公演場所に行く途中にあるのですが、
お世話になった長瀬さんに、あまりにも凄まじいから写真を撮っておけば?とこの惨状を見せていただきました。

Ryuの顔は別に笑っているのではないのです。。。
どんな顔をしていいかわからなかったのです。
松田さんもそうでした。

後ろに写っている校舎の3階部分に車が突き刺さっているのが見えますか?

・・・校歌(※)

もはや根こそぎ持っていった津波のせいで校門もどこかわからなくなってしまいました。
この周りには津波が持ってきた海の砂が積もっています。

しかしもう雑草が生えているのです。
他のニュースで津波の翌週に花が咲いている写真を見ましたが、
生命の力強さは津波になど負けないのです。

この草木の様に町も復活していくと信じて活動を続けようと思います。
スポンサーサイト

被災地コンサート2 箱崎地区

箱崎3(※)

電気もないので発電機を持っていっての公演。
外で思いっきり歌ってきました!

不謹慎かもしれませんが、外で大きな声で歌うというのは
気持ちのいいもの。

全てを吹き飛ばして気持ちを新たに、と思ってみんなで歌いました。

箱崎4(※)

コンサートの最後には外国からのボランティア団体のみなさんも集まってきて、
Ryuの歌に聴き入ってくれました、(恥ずかしいくらいありがたそうにアメイジンググレイスを聴いてくれていた女の子の顔が忘れられません)
数箇月の滞在を望んで来たNPOのメンバーで、
世界は一つ、と思えたひとときでした。

本当に本当に、世界の人たちが思いあえて支え会えたら争いなんてなくなるのに。
メキシコ地震、スマトラ沖地震、四川大地震など記憶に新しいものでも
これほどの大災害が起きています。
しかしそのたびに世界中の人たちが応援しあい支え合ってきました。
素晴らしいと思います。

ひとりひとりの役割を持って生き抜こうと思える社会づくりをしていきたい。



被災地コンサー:ト2ヶ所目

箱崎1(※)
ずいぶん更新を怠ってしまいましたが、レコーディングがあったのでちょっと落ち着いて投稿できなかったのです~。

さて、下記「箱崎地区」と言われる最悪の状況の場所での公演。
これでプロジェクト伝メンバーも全員が炊き出しなど含め、参加した地区になりました。

ここは海岸沿いで、海岸の形も削りとられて、もとの形もわからなくなるくらい。
そして、陸が沈み、結果満潮には道がなくなるような状況に。
自衛隊の車でしかいけないような場所でした。

この少し前にやっと水道が通ったというのですから4ヶ月も水道もない状況。

この会場も廃校の校舎で、津波がぶち抜いて行ったのがわかります。
箱崎2(※)
反対側はこんな感じ。向こうが海です。

鯉のぼりは、東京タワーの大船渡のさんまのイメージ?
ここも漁師の町ですから、スズキなどがとれるそうです。
もうだいぶ回復したのか、海岸線には大きな魚が泳いでいるのが見えます。

 
PROFILE
onryu111
Author: onryu111